異様な一體感に大興奮!『進撃の巨人』の魅力を詰め込んだ「Linked Horizon Live Tour 2017『進撃の軌跡』」を、進撃ファンのライターがレポート。


charaJPN-1.jpg

TVアニメSeason 2も相変わらずハイクオリティーだった『進撃の巨人』。Season 1からアニメの主題歌を擔當しているLinked Horizonが現在、『進撃の巨人』の魅力を詰め込んだ「Linked Horizon Live Tour 2017『進撃の軌跡』」を公演中。約4ヶ月に渡るツアーの真っ只中です。
2013年にも『自由への進撃』と題したトーク&ライブイベントを行いましたが、今回の公演はさらに音楽に重點を置いて何倍もパワーアップ! TVアニメSeason 1、Season 2の主題歌をはじめ、5月17日にリリースされたアルバム『進撃の軌跡』の楽曲がたっぷり披露される、進撃ファンにはたまらない內容となっているんです!

アニメの印象的なシーンが蘇る!

観客は、調査兵団や駐屯兵団ならぬ、外の世界と繋がる鎖をモチーフとした「鎖地平団」の一員。入場時には、公演中に自動制御で様々な色に光る「シンクロライト・リストバンド」が配られ、団員の士気を高めてくれます。
オープニングはステージの前面に、立體機動裝置で駆け抜けるような疾走感ある映像が映し出されスタート。ステージバックにもアニメの映像が流れる大型モニターが隅々まで設定されていて豪華!

演出・演奏がボリュームアップ

今回、アニメ映像をふんだんに使用している點も印象的なのですが、ボリュームアップしているのはそれだけじゃない!
光るビジュアルポイを自在に操り、ステージ上を跳び回るダンサーが熱演。
このビジュアルポイ、ときには鋭い超硬質ブレードに見えたり、ときには真っ赤に燃える紅蓮の弓矢のように変化! クルクル回せばまるで絵のように浮き上がり燃え盛る炎や花火に見えることも!!

charaJPN-2.jpg

圧巻の歌に演奏、キレのあるダンサーのパフォーマンスとビジュアルポイの演出、そこにアニメの映像も加わり、どこを見て楽しもうか目が足りない狀態に。エンターテイメント性の高いステージが贅沢!
また、2013年のトーク&ライブイベントはバンドのみの編成でしたが、今回は前述のダンサーに加え、弦一徹ストリングスといった弦楽器も參加。さらに、特定の公演には管楽器のブラスセクションや木管アンサンブル、合唱団などゲストが加わります。その公演だけのハーモニーが聴けるのもレア。

みんなで心臓を捧げよ! ウォール教徒にだってなれる!

charaJPN-3.jpg

『紅蓮の弓矢』で、みんなで「イェーガー!」と叫んで盛り上がるのはもちろん、他にも會場が一體となれる楽曲が多い!
進撃ファン的に面白いのが『神の御業』でウォール教徒になりきれること。ウォール教徒ってただ手を前で組んで祈っているわけではないんですよね。実は隣の信者と腕をクロスした上で、前で手を組んでいるんです。揺るぎない壁を信仰するウォール教……信者同士で壁を作っていたなんてさすがです。

charaJPN-4.jpg

ウォール教の信者たちと同じように、隣の人と腕をクロスして荘厳な「神の御業」でひとつになる観客とステージ上の出演者たち。異様な一體感……。
『心臓を捧げよ!』では、「ささーげよ! ささーげよ! 心臓をささーげよ!」とサビで鎖地平団の一員として、胸に手をあて、拳を振り上げ大合唱! このとき、左手は後ろ手に腰に當てると団員感が増すので、參加するときはご參考に。

charaJPN-5.jpg

TVアニメ、劇場版、そして『進撃!巨人中學校』の主題歌『青春は花火のように』まで網羅し、進撃ファンは大満足の內容。鎖地平団として思う存分『進撃の巨人』の世界を音楽とともに楽しめると思います。
ツアーグッズも全體的にブラックにゴールドのデザインでまとめられており、男女ともに使えてかわいい! Revo団長がステージ上で使用しているギターのFlying Freiheitもストラップとして登場しているので要チェックです。
東北、九州など地方公演もまだまだ控えているこのツアー。イベントは首都圏がメインのことも多いので、地方公演があるのは嬉しいですよね。
7月からスタートしたツアーはちょうど折り返し地點。11月まで開催中なので、Linked Horizonのステージで「進撃の世界」に入り込んでください!