akiba_souken_1.jpg

(撮影/阿部薫)

2017年11月9日、10日と「Linked Horizon Live Tour 2017『進撃の軌跡』」の最終公演が2日にわたって川崎で行われた。

Linked Horizonのライブイベントとしては、2012年にゲーム「BRAVELY DEFAULT」の主題歌やBGMをLHの主宰・Revoさんが擔當した際の「Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert」、2013年にトーク&ライブイベントとして開催された「自由への進撃」以來となる。

RevoがLinked Horizonとして勝手に生み出した音楽世界

Linked Horizon(以下、LH)は、サウンドクリエイターであるRevoさんによるプロジェクトで、アニメ「進撃の巨人」第1期・2期や劇場版などのアニメで主題歌を擔當している。今回の全國ツアーは、そのLHがリリースしたアルバム「進撃の軌跡」を掲げたもので、2017年7月8日に市原市市民會館を出発した後、臺灣・香港を経由して今回の川崎まで全國19か所30公演+海外2か所4公演、まさに「進撃の巨人」の調査兵団がごとく各地を駆け抜けた。

このツアーは、決して「進撃」の主題歌や劇伴を演奏するだけのコンサートでもなければ、アニメ「進撃の巨人」の主題歌を擔當したアーティストLHのライブツアーとも異なる。最終公演とは書いたが、ツアーはいまだ終焉を受け入れず、「『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」が橫浜アリーナで2018年1月13日・14日に行われることが発表されている。「進撃の軌跡」を未體験の「進撃の巨人」ファンは、この好機を逃さずに參加してもらいたい。なぜなら、「進撃の軌跡」ツアーは、原作者・諫山創さんが作畫に中川沙樹さんを従えて公式パロディコミック化した「進撃!巨人中學校」や、荒木哲郎監督がWIT STUDIOと手を攜えて製作したこれまでのアニメ作品、あるいはライトノベルやゲームといった數々のスピンオフ作品と同様の位置にあるからだ。「進撃の巨人」ファンならば気になるだろうし、その期待を超えた満足感を得られると思う。

ただ、Revoさんは川崎公演でも、こう自虐的に述べていた。
「みなさんと同じように勝手に漫畫を読み、勝手に想像して、ただそこで少し違うのは勝手にCDを作ってしまった」
つまり、Revoさんは「勝手に」音楽で「進撃の巨人」を表現しているに過ぎない。アルバム「進撃の軌跡」は「進撃の巨人」をテーマとしながら、やはりLHのアルバムであり、コミックスのイメージアルバムでもアニメのサウンドトラック集でもない。つまり、「進撃の軌跡」ツアーは、「進撃の巨人」世界を音楽化したアルバム「進撃の軌跡」をライブ化したもの。あるいは、ステージという俎上に上げたという意味で「舞臺」化したものと言える。Revoさんはみずからを団長に據え、(Linked Horizonと調査兵団の名をかけた)「鎖地平団」という団名を掲げ、世界に點在する支部を巡るというコンセプトでツアーを展開。ライブ會場で體験できるのはまごうことなき「進撃の巨人」世界と感じられるが、それはRevoさんが脳內で生み出した「勝手」な解釈である。だからこそ、「進撃」ファンにはRevoさんの答えを體感しにツアーへ足を運んでもらいたい、Revoさんを支える數多くのファンは周囲の「進撃」ファンを誘ってもらいたい、と感じる。Revoさんによる解釈をどう受け止めるのか、素直に聞いてみたくなるではないか。

ただ、Revoさんが作る「進撃」楽曲やショーからは、ひとりの「進撃」のファンとして同士に突き付けられるだけの解釈へたどり著こうとする強い意志を感じさせる。全公演でライブの曲目は(アンコール曲を除き)共通しており、曲順もアルバム「進撃の軌跡」(通常盤)がベースとなっている(M-1とM-2の間にシングル「自由への進撃」のカップリング曲「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」が挾まれている)のも「進撃の巨人」を楽曲で表現するという完成形をすでにアルバムで実現しているという自負ではなかろうか。

多重構造で作りだされるエンターテインメントショー
akiba_souken_2.jpg

(撮影/佐藤祐介)

ここからはまだ本公演を生で見ぬ「進撃」ファンが少しでも興味を持てば、という思いで川崎公演の內容を振り返ってみたい。

會場は川崎駅から徒歩で15分ほど、1か月あまり前にできたばかりという川崎市スポーツ・文化総合センター(愛稱「カルッツかわさき」)。入場時に配布されたシンクロライト・リストバンドを右手首につけ、座していると、鎖地平団伝達班所屬の新兵・イスカによる前説が始まる。ツアー各地で現地にまつわるネタを盛り込むイスカ。ここ川崎支部での內容は、1日目が藤子・F・不二雄ならびに「藤子・F・不二雄ミュージアム」、2日目が川崎大師ならびに最終公演ということからの謝辭であった。そんな前説後、シンクロライト・リストバンドの點燈試験を無事終えると、他団員と同じく紗幕に映るウォールの前で靜かに始まりの時を待つ。
ウォールに吹き付ける強風の音だけが會場に響く中、「二ヶ月後の君へ」のピアノイントロと、ドイツ語のナレーションが流れてくる。紗幕の後ろでうごめくメンバーたち。だが、階段上にいるRevoさんの左右にはこれまでの會場では見なかった人數の人影が。東京國際フォーラムでは內藤貴司ホルンセクションが、愛知県芸術劇場では三沢またろうさん(Perc.)が參加するなど、ツアーのいくつかの地ではゲストミュージシャンを迎えてきたが、川崎ではクワイヤ(合唱団)としてVoces Tokyoが、指揮者としてCDで「進撃」の重厚なコーラスをRevoさんと共に作り上げた木場義則さんが參加した。RevoさんがこのあとのMCで話したように、過去最大人數がステージを震わせる中でのライブスタートとなった。

Revoさんの歌聲が耳內で響く。今、目の前にはどんな景色が広がっているか。言うまでもなく、鎖地平団長たるRevoさんが作りだした「進撃の巨人」ワールドだ。最初は紗幕という高い壁にはばまれ、はっきりと見ることはできなかったが、それが取り除かれた瞬間、客席に集った団員の気持ちは一気に世界へと突入する。楽曲は、「進撃の巨人」の主人公にして、調査兵団に所屬するエレン・イェーガーの姿を歌った「二ヶ月後の君へ」。みずからに鞭打ち巨人と化すエレンの決意をも描いており、「自由の代償」にも通じる側面を持つ。このように楽曲単體ではなく、各楽曲がからみ合い、線が面となり世界を描いていくのがRevo楽曲の魅力。LHで言えば、25萬枚以上を超えるヒットでプラチナディスクを獲得し、第64回NHK紅白歌合戦でも披露された「紅蓮の弓矢」のフレーズが、いくつもの「進撃」楽曲に散りばめられている。これによってたとえ、ライブ初參加であろうとも、アルバムを聴かずとも、誰もが「進撃」の世界にいることを意識せざるを得ない。原作第1話のタイトル「二千年後の君へ」をも背負った「二ヶ月後の君へ」は、次々と「進撃」世界を切り開いていく。4人のダンサーが激しく踴り、手にしたビジュアルポイの軌跡は炎を描く。いっぽう、Revoさんは力強く歌いながら階段を下り、5人の歌姫も歌声を寄り添わせながら入れ違うように階段へと上がって逆V字を作る。「進撃」らしい、非常に勇ましく美しい光景が広がっていた。
「二ヶ月後の君へ」が終わると、MCのためにRevoさんはマイクを口元に近づける。

「Linked Horizonでーす。ありがとうございまーす」

一転して世界を泡沫のごとく霧散させるほどの語尾のゆるさ。これを聞くとRevoさんのライブに来たという実感が體のどこから沸きあがるが、そのへんはご愛敬。ここでRevoさんは千秋楽である川崎公演2日目ということで、ある宣言を放つ。
「今日だけが特別なわけじゃないんです。毎公演毎公演、特別なことなんですよ。もし、君たちの人生の中で何かひとつが変わっていたら、今日ここにいないってことが簡単にありえるんです。いろんなことの積み重ねで奇蹟的なことが起こり、今日という夜ができあがっている。そうやって来てくれた皆さんをやっぱり楽しませたい、音楽というものでノって楽しませたい。そして、今生きているこの瞬間が楽しい、最高だって思ってもらうことがエンタメっていう仕事の一番の意義かなって」
そんな自分の思いを述べた次の瞬間、
「みんな、悪いけどそういうのは今日忘れまーす。つまり、君たちを楽しませること、は忘れます」「僕はいかに今日自由に自分が楽しく過ごせるか、っていうことを追求してみたいと思います」「なぜそんなことを言っているかというと君たちと僕の対決だからです。僕はお金をもらってこの場にいて、君たちはお金を払ってそこにいる。それなのに僕に負けていいと思う? 僕よりも楽しくなかったら損してるんじゃないですか? だから僕と対決だ! 今日の公演、誰が一番楽しんだか、そのことを証明してやろうぜ!」

最終日で34公演となる今回のツアー。卓越したミュージシャンが積み重ねた時間は尊く、観客を楽しませようと意識しなくても楽しませることは必至。だから、自分が楽しませようと意識する必要はないと感じたRevoさんは、みずからが率先して楽しむことで、客席に集まる団員たちがみずから楽しむように声をかけた。彼は、仕事を共にした誰もが苦労を訴えるほどに難解で高難易度の楽曲を生み出すいっぽう、非常にやさしい。
「MCがそんなに多くないコンサート」で「楽曲も連続でやって」いくけど「2時間連続でマックスで(腕を)振れるわけがない」。「なのでメリハリが大事なんです。休むべきところでは休み、解放するところでは解放し、自分の體のことは自分が一番わかっていると思うので調整してみてください」
 Revoさんのライブで定番となったシンクロライト・リストバンドも利用し、
「そいつは結構危険なアイテムで」「きれいなのは當たり前で、皆さんの生命エネルギーを吸ってるから光ってるんですね。なのでそのうちどんどんどんどん疲れてきます」
だから、ライブ中にリストバンドを左右付け替えることも推奨する。こうしてMCにたっぷり時間をとり、みずからの體を気遣いながら無理せず楽しむように話しかけた。公演內でこういったわかりやすいやさしさをよく見せたが、「進撃」世界により沒頭できるように楽曲でも演出でも工夫を凝らしているのとそこに根ざす思いは同じなのだろう。

楽曲の魅力をループ的に増幅させるアニメ映像との共存
akiba_souken_3.jpg

(撮影/佐藤祐介)

「進撃の軌跡」ツアーの大きな特徴として、楽曲が演奏されている間、楽曲や作品に対するイマジネーションを強化するようにアニメの映像が映し出される。そのため、客席からステージに対峙する団員たちは、LH楽曲を劇伴のような感覚で楽しむこともできる。
たとえば、「二ヶ月後の君へ」に続く「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」は、ハープに乗った生命力あふれる柳麻美さんの歌聲が、聴く者の體に活力を染みわたらせる楽曲。「進撃」の序盤、巨人となって壁を守ることを誓いながらも巨人化した體の中で意識を失ってしまう主人公・エレンを呼び戻さんと声を張り上げる親友・アルミン、といった場面などが、歌う柳麻美さんの背後や足元に映し出されていた。
「14文字の伝言」ではより強く、その演出効果を感じさせる。楽曲の終盤には、エレンの母であるカルラの最期を喚起させる咀嚼(そしゃく)音が差し込まれているが、その音に合わせてスクリーンには巨人がカルラを噛み殺す瞬間が。歌詞で深い母の愛を直截的に書き連ねながら、一瞬で「進撃」という作品が持つ殘虐性をも表す楽曲だが、CDよりもライブでこそその一面を明確を受け取れる。
ちなみに、歌を擔當する松本英子さんは
「母の歌を歌わせていただいて、自分自身が母であることを自覚しました。こんなにも子供を思う気持ちっていうのが自分の中にすごい深いところにあるんだ、っていうのを毎回歌いながら感じていました」
と川崎公演2日目で述べ、次のようにRevoさんのストーリーテリング能力を絶賛した。
「絶対(Revoは子供を)産んでると思う。そうとしか思えない。(Revo「前世がそうだったんですかね」の答えにすぐさまきっぱりと)前世じゃないですね」

作品世界とのシンクロを味わえる仕掛けとして「神の御業」も紹介したい。Revoさんは會場にいる者を起立させ、隣の人と両腕をからませたうでで胸の前で両手を組ませ、ある祈りの型を作らせる(勿論、ここでも無理強いはしないが)。その様子は、「進撃の巨人」に登場するウォール教信者たちの姿そのものである。
「腕を組むことによりつながるよね、人と人が……。Linked Horizon!」
こうして「人間の鎖」を會場に出現させたRevoさんはこう続ける。
「大事なのは信じて、何かに祈りを捧げること。その行為自體はすごいポジティブで悪いことではないと思います」「いい方向に行けばいいなということを思い浮かべて祈ってみてください」

Revoさんがステージ下手に消えると、中央の階段でV字に並んだ5人の歌姫が女神のごとき歌声を響かせる。そして、それまでの一段高い場所ではなく、ステージ上に並んでクワイヤが続く。24人の合唱隊が放つ聲は重厚なカーテンのように客席を包み込み、Revoさんが「ツアーの中でさらにさらに荘厳で神聖な空気」と稱した空間が広がる。客席の団員たちはこの時間だけ、ウォール教の信者が持つ敬虔な信心と同調したことだろう。劇伴やサウンドトラックのコンサートではまずないことだが、なぜRevoさんは観客を演目に引きずり込むのか。それは多分なる茶目っ気精神も関係しているはずだが、人間の鎖を作る際にこう説明する。
「ステージを作る時の考え方として、ステージだけ完全に世界観を作って、分斷して客席がある、みたいなのはあんまり好きじゃないんです。見てるみなさんを含めてその世界観みたいな感じにしたいと思ってるので、ぜひみなさんにはこの世界観に溶け込んでもらいたいと思っています」
作品を楽曲によって音楽化・舞臺化するいっぽうで、その音楽世界に観客をまぎれ込ませ、再び作品世界へ意識をフィードバックさせる。作品の世界観を違う側面から感じ取る端緒を開かせようとしているのではないか。一方向性の映像や音楽に留まらず、アトラクションに特化もせず、「進撃の巨人」という「物語」を體感できるエンターテインメントショーがここにある。

「心臓を捧げよ!」でRevoさんは、サビを振り付けで歌うように指示(ちなみに指示は歌でレクチャー)をした。みずから声を出し、體を動かすことで、公演とのシンクロ度をより高めているように見える。
このあたりはRevoさん率いるプロジェクト「Sound Horizon」(以下、SH)での、自作の物語と音楽とを融合させた「物語音楽」をライブ・コンサート化するという経験が生かされていると感じる。ここでLHに対してある考えも浮かぶ。LHの「Linked」は作品と楽曲をつなぐという意味かと思っていたが、単なる受け手に留まりがちな視聴者を「作品」や「楽曲」を含めた「鎖」の中に入れ込むという意味もあるのではないか。SHの活動ではできない、みずからを取り巻く聴者との一対多的な関係性を解放、その意味が込められているのではないかと、最終日でしきりに口にしていた「ライブ感」という言葉も合わせて勝手に感じてしまった。

原作への愛に満ち溢れたライブは「凱旋公演」で最終形態を迎える
akiba_souken_4.jpg

(撮影/阿部薫)

「進撃の軌跡」ツアーが単なる「『進撃の巨人』イベント」にあらざることは言うまでもなく、ライブコンサートとして極限まで質を高められた場であることも事実だ。「もしこの壁の中が一軒の家だとしたら」に続いた「紅蓮の弓矢」は説明不要のLH代表曲で、曲中で「イェーガー」と叫ぶことで身も心も「進撃」住民となれる最高の「進撃」楽曲だが、高い演奏技術の「圧」を楽しめるのもライブならでは。さらに言えば、サビでドラムの淳士さんが腕が円を描くようにスネアを叩く様は和太鼓の演舞のようで、音だけでなく目でも高揚させられた。
先述したようにビジュアルポイはその映像美で楽曲を盛り上げるが、手にするダンサーたちの踴りもまたすさまじく。歌詞が語る物語に合わせて時にシーンを演技し、時に「雙翼のヒカリ」のように熱いバレエをペアで見せもする。
今回の川崎支部公演で登壇したクワイヤの圧倒的な魅力はすでに語ったが、その先陣を切って歌い続ける歌姫5人のあでやかな歌聲も見逃せない。特に川崎公演では、LH曲ではないがSH曲の「<ハジマリ>のクロニクル」「神話 -Μυθοs-」(「神話 -Μυθοs-」の「s」はギリシア文字の小文字のシグマが正式表記)を感動は耳から消え失せず。歌姫の力によって、いまだ色あせぬ名曲の力と新たな再生を目にすることができたと感じさせる。
そして、RevoさんによるMC。これはほかのライブではなかなか味わえない時間だ。Revoさんが客席に向けて放つ己の意思や思いのかけらに触れることで、普段は意識していないテーマについて考えるきっかけになる。この最終公演では、アンコールラスト曲「青春は花火のように」の後、その時間に20分も費やした。
「ライブって何のためにあるのかなって。「楽しい」っていうところに最終的に著地したいんだけど、ただ最初から最後までアホみたいに「楽しい」だけではないと思っていて。みなさんの「楽しい」と思う中には、悲しみとかそういうものを踏まえていることで楽しみに奧行きとか幅というものが生まれていて……。「楽しい」ってなんなんだろう、みたいなそういうことをいろいろ感じながら、みなさんの顔を見ながらツアーっていうものを続けてきて。だからこそ「楽しい」っていうものを多く殘していきたいなって思いました。一瞬で過ぎ去っていくものなのでね。楽しい瞬間っていうものが確実に今日この夜にあった、そのことを信じることができれば次に長い苦しい時がやってきたとしても、この瞬間はまたやってくるよ、絶対に」

そして最初のMCでしかけた勝負の行方をここで。
「今日、この公演を一番楽しんだって人? 結構皆(手を)挙げるね、負けず嫌いだね。両手挙げてる女の子がいる、負けたー、くそー、マイク持ってるから両手挙げられないんだよ」「でも、判定できないので言い張った者勝ちです。ただ、一番楽しんだ、って思う自負があったら次のことも覚えておいてほしいって思います。君が今日感じてる「楽しい」ってことは、君が作りだした「楽しい」なんだけど、君だけが作りだしたものじゃないんです。それは今日この場を共有したみんながいて、最初の市原公演から34公演やってきていろんなものを受け取って、少しずつ何か語っていくようなものがあって、そのすべてのポジティブなエネルギーを今日僕は全部含めて楽しもうとして、それを構築して。そこで君たちが「楽しかった」ってもし思うのであれば、それはこのツアーというものが「楽しかった」っていうことなんだと思います」

ツアーを「楽しい」ものにしたすべての人々、ステージからすでに退場しているメンバー、スタッフ、34公演に參加した団員すべてに対する拍手を促した後、Revoさんは「進撃の巨人」について語り始めた。
「みなさん、パンフレットって買いましたか? 「二ヶ月後の君へ、なんて言ったらいいかわかりません」 みたいなことを書いたと思うんだよね。このコンサート、皆さんが楽しんでくれることに意義があるんだけど、『進撃の軌跡』っていうコンサートツアーが終わった時に何らかの答えを出したいっていうのがあって。でもね、ありませんでした。ひと言で言えるような言葉ってないかなと思いました。君=エレンにかける言葉はないんだよね。ないから探していて。ちょうど昨日(『別冊少年マガジン』)最新號が出て、それを読んだ時、思ったよね。『かける言葉がないな』と。けど、『歌はちゃんと寄り添い続けているんじゃないか』と思った。たまには僕が自分でイェーガー言ってみようか」
Revoさんはここで「紅蓮の弓矢」の1番のサビをアカペラで熱唱する。
「最新話を読んだ時に思ったのは『紅蓮の弓矢』がエレンのテーマなんだということ。あいつは狩人です、イェーガーです。そのことがちゃんと自分の中で腑に落ちている気がしました。なので、気軽にかける言葉はないのですが、その紅蓮の弓矢が飛んでいく先を僕が見守って歌にする、その気持ちは噓じゃないですね。弓矢がどこまで飛んでいくかっていうのをちゃんと見屆ける、それが僕に言える精いっぱいだと思います。あとは音楽にしていきたいと思います」

いかにRevoさんが「進撃の巨人」という作品に気持ちを寄せているかが伝わるコメントだった。作品をモチーフに誕生させた楽曲やライブとはいえ、仮にもみずからが率いるツアーファイナルにこれほど真摯で誠実な言葉を語るとは驚きもありつつ、だが決して意外ではない。彼はライブを通じて感じた想いを客席にすべて受け渡してこようと考えているように思えるからだ。研ぎ澄ますように楽曲を作り込むのと同じく、その場、その瞬間でしか生まれえない何かの大切さを感じ取り、MCにも「ライブ感」を持ち込んでいるように感じた。
あらためて「進撃の巨人」を愛してやまないすべての人々に「進撃の軌跡」という場への參加を勧めたい。凱旋公演はツアーに參加したメンバーが総動員され、「進撃の軌跡」という作品の集大成が描かれる。SH楽曲も多く演奏されることが予想され、その點で臆する者もいるかもしれないが、そもそもLHのみならず、SHと「進撃の巨人」は読者に考察する謎をいくつも與えるという點で共通點が多い。「進撃の軌跡」本編のラストは、アルバム「進撃の軌跡」でシークレットトラックとなっていた「二ヶ月後の君へ」のアコースティックバージョンだったが、西山毅さん&YUKIさんという卓越したギタリストを左右に従えながら、Revoさんがアコースティックギター「Feuerroter Horizont」でとくと聴かせる中、夕焼けを水面に移す海という映像の意味を考えずにはいられなかった。なぜ1曲目の「二ヶ月後の君へ」で使用しない「Feuerroter Horizont」が脇に置かれていたのか? 考察は、読者視聴者が作品をみずからに取り込もうとするアプローチの一種であり、愛情の別表現方法である。今までとは異なる「進撃の巨人」世界を見せてくれる、そして異なる視點で楽しむことを気付かせてくれるライブ「進撃の軌跡」をぜひ來年の橫浜アリーナで味わってほしい。

(取材・文/清水耕司)